NEWS ニュース

2020.05.30

5/31(日)【原宿食サミット特別編 外尾悦郎氏との連続対話 season1】 オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長 高島宏平氏

5/31(日)【原宿食サミット特別編 外尾悦郎氏との連続対話 season1】 オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長 高島宏平氏

【緊急企画】withコロナのイノベーション『ビジネスを進化させる機能・構造・象徴』
【原宿食サミット特別編 外尾悦郎氏との連続対話 season1】

■section1
2020年5月31日(日)18時より
「経営の機能・構造・象徴」
オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長 高島宏平氏

『With コロナのイノベーション:経営を進化させる機能・構造・象徴』

サグラダ・ファミリア芸術工房監督として彫刻デザインの責任者を務められた外尾悦郎氏と、多様な登壇者と共に、ガウディの思想と哲学と現代社会の課題解決や、イノベーションを生み出すために必要な視点について、5回シリーズの連続で対話をします。

今回のsection1では、オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長 高島宏平氏をお迎えし、「経営の機能・構造・象徴」についてお話いただきます。

外尾氏は、「ガウディの作品は、ある機能が必要になるとわかった時、それをただ加えるのではなく、デザイン的かつ構造的に解決し、しかも然るべき象徴が伝わるように構成され、作られている」と語ります。

経営もビジネスも、いくつかの問題を同時に解決していかなければならず、「経営者は常に二律背反に挑戦し続けること」が求められるという点おいては、ガウディの思想からインスパイアされることが多いのではないでしょうか?

▼企画主旨

コロナショックを受け、世界に大きな変化がもたらされました。経済だけでなく、私たちの社会的な営み、日常生活、そして価値観に大小の変化があり、「私たちは、どう生きるのか?」が改めて問われているのではないでしょうか?

本企画では、経営者、ビジネスパーソンだけでなく、この先行き不透明な時代においてでも、不安に苛むだけでなく、未来を見据え「よりよく生きる」ことを考え直したいと思う人に向けて、対話を通じてメッセージを届け、参加者の行動と思考によい変化が訪れることを願い企画をします。
▼5回シリーズ

season1 「With コロナのイノベーション:本当のクリエイティブとは?」

■section1
2020年5月31日(日)18時より
「経営の機能・構造・象徴」
オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長 高島宏平氏

■section2
「自然科学と量子力学、総合的な目」
楽天株式会社 執行役員 理論物理学者 北川拓也氏
※日程調整中

■section3
「言の葉から育まれる、人生の実り」
博報堂 クリエイティブディレクター 原田朋氏
※日程調整中

■section4
「クリエイターの創造力—クリエイターに大事なものは自分へのwantではなく、他人へのcareであるー」
ROCK’N ROLL JAPAN(株)取締役兼プロデューサー 湯川篤毅氏、
Drill クリエイティブディレクター 細川直哉氏
※日程調整中

■section5
「新しい現実からの新しい問題」
ケイアンドカンパニー 代表取締役社長 高岡浩三氏
※日程調整中
▼原宿食サミットについて

松嶋啓介が食に対する日本人のリテラシーが低いと危機感を抱き「食が変われば、日本は変えられる。食を通してのルネッサンスを実現したい。」という想いをもって、2018年に始めたカンファレンスです。

「食」を軸に、食×スポーツ、食と×アート、食×咀嚼、食×地域、食×宗教など多様なテーマで専門家や経営者と語り合い、共に情報をシェアし、共に悩み、考え、そして共に食事をする事で、未来への共創を生み出しています。

https://shokusummit.peatix.com/?fbclid=IwAR0Fl1WL-MniS-c6OqeDT95r9GuVSBGjFqz-FngGm74HtZdl0GcvfGlhflk